柿のさち 薬用柿渋ボディソープ 450mLのおすすめポイントと最安値

柿のさち 薬用柿渋ボディソープ 450mL加齢臭対策 柿渋 ボディソープ‐弱アルカリ性 600mL

 

おすすめ

 

おすすめポイント

加齢臭やミドル脂臭対策に人気のある柿のさち 薬用柿渋ボディソープのおすすめポイントをまとめてみました。

 

おすすめポイントその1

おすすめポイントその2

 

 

 

スメハラ(スメルハラスメント)ってご存じですか?

パワハラ、セクハラ、マタハラなどと企業ではハラスメントの意識が高まる中、新たに「スメハラ」(スメルハラスメント)というものが浸透しつつあるのをご存じでしょうか?

これは「におい」により周囲を不快にさせる嫌がらせのことです。

その殆どが女性からのクレームで、男性の体臭や加齢臭、ミドル脂臭が我慢できないというものが多いそうです。

加害者のほとんどの方は、自分のニオイに慣れてしまって「無自覚」なので、周囲が伝えてあげなければ、環境はいつまでたっても改善しません。

ニオイはその人自身に関わる問題で、伝え方次第では傷つけてしまうかもしれません。

身近で友人や同僚など親しい間柄の方がこの「スメハラ」の加害者だった場合は、傷つけないよう出来るだけ早く伝えてあげましょう。

もし、自分が加害者だった場合は速やかに改善しましょう。

 

加齢臭やミドル脂臭の原因

加齢臭は、ノネナール原因で、油性の鼻につく独特な臭気を発生します。

皮脂などの酸化により発生するノネナールは、皮脂や汗が細菌により分解され、分解されたものが酸化して臭いを発するようになって生じます。

特に40歳を過ぎると酸化を抑制する力が弱くなるので、ノネナールも増えていきます。

 

加齢臭以上にキツイ体臭が ミドル脂臭 で30~40歳代の方に多い体臭です。

これは汗の中の乳酸が、皮膚上の常在細菌に代謝分解されることによって発生する「ジアセチル」という物質が主成分で、加齢臭以上に強いニオイを発生させます。

後頭部や頭頂部、首筋後部を中心に発生し、使い古した油のようなニオイを発します。

体臭を防ぐためには皮脂や汗をシャワーや入浴で洗い流すことが効果的ですが、一般的なシャンプーでは汗や汚れは落とせますが、加齢臭やミドル脂臭の発生原因となる菌を殺菌、洗浄しきれません。

 

柿のさち 薬用柿渋ボディソープ は、加齢臭やミドル脂臭の発生原因となる菌をしっかり殺菌、汚れの洗浄、消臭しあなたの悩みをすべて解決してくれます。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

30代から始める体臭ケア。ビジネス・家族との良好な人間関係を柿のさち 薬用柿渋ボディソープがお手伝いします。
石鹸メーカーが加齢臭専用に開発した「柿のさち」。ニオイの原因菌を薬用成分で殺菌&消毒、柿の渋み成分「カキタンニン」がニオイを発生させないお肌に。体臭・汗臭の原因になる細菌の増殖を防ぎます。(雑菌の繁殖は、ニオイの原因にもなります。)

楽天市場ランキング1位に32回獲得しており人気です。
楽天内レビューも2018年6月13日現在、711件で4.29の評価を頂いております。(その内星5が344件、星4が255件)

①特許消臭成分「Globule 」を配合した日本で初めてのボディソープ グロブルとは、ユーカリグロブルス葉から水蒸気蒸留によって取り出した精油成分で、特許成分 「1,8- シネオール」(特開2017-113354)を60% 含有しており、体臭成分、加齢臭成分・糞便 臭成分などを化学反応により悪臭濃度を低減させ消臭します。
②マックス独自の研究で“7つのタンニン(T7)”を配合 「タンニン」とは渋味成分の事で、例えばまだ青い柿を食べた時に口の中が「キュ~ッ」と なるのはタンパク質が反応している為であり、消臭・抗酸化作用があると言われています。 これまでの商品は、タンニンとして「柿渋のみ」を配合していましたが、マックス独自の消臭 研究を重ねてきた結果、合計7つのタンニンの組み合わせた配合処方にたどり着きました。
③“身だしなみアイテム”として主張するデザイン性のパッケージに変更 数年前まで「男性の体臭対策のボディソープ」と言うと、「恥ずかしい」「人に言えない」という 少しネガティブなイメージがあり、これまでの商品パッケージは、極力目立たないよう、落ち 着いたデザインです。

タイトルとURLをコピーしました